キャバクラなどの副業をバレないようにする方法

キャバクラなどの副業をバレないようにする方法

マイナンバーの導入で会社の副業で水商売やキャバクラで働いている人は止める人が続出するというニュースを耳にした人もいると思います。
ではなぜマイナンバーが導入されると水商売やキャバクラの副業がバレて辞める人が増えてしまうと考えられているのでしょうか。

副業は本来確定申告をして税金を納めなければいけません。
一般的に副業で働いている人はこれを行っていない人が多いのですが、マイナンバー導入以降はこの税金が支払われていないことを税務署が把握できてしまうのです。
また確定申告をすると副業の場合、誰かの扶養家族になっている場合、扶養から外れてしまう可能性があります。
これが身内にバレてしまうので「副業で働くのを辞める」人が増えると言われているのです。

この会社にバレないという対策は実は方法があります。
まずはお店との契約を雇用契約では無く「個人事業主」との契約をしてくれるお店を選びましょう。
こうすることでお店で働いている人の税金を特定されることは無くなります。

そして大事なことは確定申告はすることです。
その時に本来の収入と同時にかかった控除できる経費を報告しておくのです。
少しは税金が取られることになりますが経費を差し引けば数万円で済みます。
例え200万円稼いでいても数万円の出費で会社にバレないのですからこれは致し方ないところです。
そして身内にバレるという問題ですが、この確定申告をすることによって税務署は家に問い合わせをすることはしません。

このように少しの納税で会社にバレない対策をすることが出来ます。
参考にしてください。