マイナンバーが導入の際、キャバクラの副業で注意するポイント

マイナンバーが導入の際、キャバクラの副業で注意するポイント

マイナンバーが導入されるとキャバクラなどの水商売の女性は副業がバレてしまうという話を聞いた人もいると思います。
でも副業がバレない対策をすることが可能です。
今回はキャバクラなどの水商売で副業で働いていても会社にバレない対策をお教えします。

マイナンバー導入で会社にバレるという話は税務署が個人の所得税を全て把握することが出来ようになるからです。
これを防ぐにはお店選びにコツがあります。
基本的に税金の納税についてお店は2つに分けられます。
1つめは一般のバイトのように働いたお給料の税金をお給料から天引きされるパターン。
もう1つは女性一人ひとりと契約して税金の処理は女性が個人で行うというパターンです。
現在でも実はマイナンバーの導入に関わらず1つめにあげたお店では、会社にバレる可能性があります。
これは税務署から会社に収入の全ての報告が行くからです。
今バレていないのは会社のチェックが甘いからということも出来ます。

マイナンバー導入時にこれをバレない対策を行うには、2つめにあげた「個人で払うという契約に変更」してもらうことです。
これで税務署から会社へ報告はされなくなり、所得税についてバレることはまず無くなります。
ただしもう1つ住民税でバレるという可能性があります。
この対策をするには役所で住民税を個人で支払うという必要があります。
少し出費がありますが、これを行えばキャバクラで働いた分は個人で会社で働いた分は会社経由でという支払いになり会社にバレることはありません。

このようにマイナンバー導入後でも会社にバレない対策をすることは可能です。
ぜひ参考にしてください。