マイナンバーで副業はバレるのか

マイナンバーで副業はバレるのか

2016年から本格的に導入されるマイナンバー制度ですが、その仕組みについての理解は進んでいますか?国民一人一人にマイナンバーと呼ばれる番号をつけ、社会保証、税金などに関する個人情報を管理するこの制度は、アメリカなどの先進国ではすでに導入されているものであり、世界的には似たようなものが存在しており、どちらかというと一般的な制度でもあります。
ここ日本においても、将来的にも諸外国と似た内容でマイナンバーが普及していくと予想されますが、制度に関してはいまいちわからない点も多くあると思います。現段階でこのマイナンバーに大きく反応しているのは、本業とは別に副業をしている方、特に副業していることを周りの人や会社に知らせていない方たちだと思われます。その理由は、副業を良しとしない会社に勤めているからなど人それぞれではありますが、女性においてはキャバクラなどの水商売をしている人もいると思います。
副業及び、キャバクラなどの水商売をバレないようにするための対策は、今の所これといったものはないようですが、バレないようにするための工夫に関しては幾つかあるようです。今はネット社会であるため、それらの対策に関する情報は検索をするとすぐに見つけられます。
現在副業をしていなくとも、マイナンバー制度が導入されることで、過去の職歴も周知されてしまうのかと不安に思う人もいるかと思いますが、それらの不安や疑問についてもネットには回答が載っているので参考になると思います。
テレビなどでは時間が限られているため、マイナンバー制度を正しく理解するのは難しいですが、もしマイナンバーに関する疑問を解消したいと思っている方がいるのであれば、ネットを活用するのを強くお勧めします。